出逢いアプリにおける記録作成の重要性

無料の出逢いアプリには、ポイント消費というシステムがありません。そのため、相手に何通もメッセージを送ることが出来ます。

しかし闇雲に送信しても成果は得られません。それどころか、相手に同様のメッセージを複数回送信し、失笑を買うことも。同じ女性に対し、何度も「はじめまして」メールを送信する・・・これでは「自分は適当な人間です」とアピールするようなものです。

こうした事態を避け、且つ出会いの成功率を上げるためには“記録”の作成が重要になります。

媒体はデジタル・アナログどちらでも構いません。自分が管理しやすい方を選択してください。

記録すべき項目は、相手の自己紹介ページに記載されている情報(名前、年齢、地域、趣味など)と、メール交流によって新たに得られた情報です。前者を基本情報、後者を新規情報として扱っていきます。

後者の情報は、日付と共に簡易なメモ程度で構いません。いつ、どのような話題で盛り上がったのか、それだけ記録すれば十分です。

ただし、メール内で重要な情報を得られた場合は漏れなく記録しておきましょう。最近興味を持っているもの・行きたいところ・出会いに対する価値観など、相手のメールには攻略に必要となる情報が含まれていることを肝に銘じておきましょう。

出逢いアプリを複数利用する場合は、サイトごとにファイル(ノート)を別けましょう。またメールアドレスの使い分けも有効です。後から整理すればいい・・・と考える方もいるでしょうが、これは非常に面倒です。記録のコツは、開始当初からしっかりと整理・分別しておくところにあります。

相手にメールを送信する際は、この記録を参照し内容を厳選しましょう。会話の流れを絶たないことが、成功へと繋がります。

とはいえ、必ずレスポンスが得られるわけではありません。出逢いアプリは男性多数:女性少数というユーザー比率なので、その辺りは覚悟しておきましょう。

もちろん、レスポンスを上げるコツはあります。その際にも役立つのが、記録です。

例えば、相手の誕生日。在り来たりなメールでも、お礼としてレスポンスが貰えることがあります。相手がはっきりと年齢公開している場合は別ですが、20代・30代とぼやかした情報しかない場合、年齢について触れることはご法度です。

また季節のイベントも狙い目です。クリスマスや長期休暇など、ひとりでは過ごしにくいタイミングもレスポンスの確率が上がります。メールで相手の様子を探りつつ、誘いを掛けましょう。とはいえ、強引な誘いはNG。相手を上手く誘導することが、成功へと繋がります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.